韓国在住のファンとソウルコンチケットの直接取引をしたお話① ~きっかけと経験談編~

こんにちは。mogmogです。

最近、K-POPアイドルの日本活動がとても増えて、韓国まで行かなくても会える機会が出来て嬉しいです😄むしろ、日本国内でのヲタ活が忙しくて、全然海外に行けていません。

去年、今までで一番海外遠征したので、比べたらびっくりするくらい、おとなしくしてます😢日本に来てくれるので、とっても嬉しいですが、ワナワンが解散してから3か月で5人も来てくれて、想定以上に財布の紐が緩みっぱなしです😂

日本国内でも大変なのに、海外遠征すればする程かかる、航空券やホテル代、そしてチケット代。湯水の如く遣ってました😅その中でも一番かかるのが、チケット代でした。

チケッティングに失敗し、自力で買えなかった時は、代行に頼むしかありません。代行に頼めば手数料やオプション料金も取られるし、申込みが遅くなると席が悪かったり確保出来なかったり、、、自力で買えなかった時は、顔面蒼白です😨

自力チケッティングに失敗したけど、代行に頼む程金銭的に余裕がない、という時に、

本国ペンと直接取引してチケットを購入する

という方法で入手することがあります。

韓国語が話せない日本人(私です)にとっては敷居が高いですが、韓国語の勉強にもなるので、やって良かったと思っています。本国ペンのお友達も出来ましたし😊

私の経験や注意点、取引でよく使われる韓国語など、書きたい事が盛りだくさんなのですが、かなり長くなりそうです。ですので今回は、3回にわけてブログを更新したいと思います。

お話① きっかけと経験談編 ←今回の記事

お話② 良い点悪い点編

お話③ 使える韓国語編

今回は、『お話① きっかけと経験談編』をアップします。

直接取引をしたきっかけ

数年前に、イチオシと二推しのグループが、同じ日程でソウルコンを開催することが決まりました。せっかくなので、金曜は二推し、土曜と日曜はイチオシを見よう!と決めました。でも、予算が、、、

そこで、イチオシは良席を買う、二推しは予算内(かなり低め)で買う、と決めてチケットを探しました。

二推しはイチオシよりもチケットが取りづらく、相場がかなり高かった為、代行もなかなか見つかりませんでした。しかも、外国人はチケッティングに参加できないプレイガイドだったんです。その時に、

日本国内のコンサートでも個人間でチケット売買されるんだから、韓国国内でも売買されてるんじゃないか?

と思い、Twitterで譲渡先を探しているチケットを検索してみました。すると、

出てくる、出てくる😂😂😂

しかも、代行やチケット売買サイトよりも、相場が安い!

これはもう、直接取引しかないと思い、Twitterで探しました。



初めての直接取引の為に、やったこと

最初にやったのは、韓国語でグループ名と日付でTwitterで検索しました。そこで譲渡のツイートらしきものを探し、書かれている韓国語の意味を調べて(お話③で紹介します)、それをもとに自分もツイートしました。

ツイートすれば、誰かしらDMが来るので、席を聞いて、希望額をお伝えし、価格交渉します。基本的に、相手側(売り主)が価格提示することは少なく、こちら(買い主)が価格提示します。逆提示は返信しません!という方も多いので、注意です。

全く韓国語が話せない私ですが、文字さえわかればなんとかなりました(笑)いまだに韓国語は話せませんが、取引だけは翻訳ソフトなしで出来るようになっています😂😂😂

初めての直接取引で、海外の洗礼を受ける

初めての直接取引で、韓国語と英語でなんとかやり取りし、コンサート当日に待ち合わせ場所を決める事が出来ました。

なのに最終的に、サイトで代行からチケットを購入して、参戦しましたwww

初めての取引で、まさかの2回ドタキャンをくらいまして、、、この経験で、韓国人限定の人間不振に陥りましたwww

しかも、2回目のドタキャンは、コンサート前日の夕方だったんです。怒り狂いそうでしたが、韓国語話せないし、何を言っても無駄なのし、怒っている時間はチケットを探す時間にあてないといけないので、すぐ頭を切り替えて探しました、、、前日だったから、代行もかなり安くて、お得に買えたのでよかったですが。

ドタキャンにご注意

実は、本国ペンとの直接取引、成功率は50%なんです😂😂😂確率悪すぎ😂😂😂

約束の場所に現れない、連絡が取れなくなる、といった事はありません。ただ、直前のドタキャンは↑でもありましたし、公演1週間前にドタキャンされた事もあります。キャンセルの連絡が来るだけ、まだマシですが、探すのも結構労力がかかりますので、最近は探すタイミングを考えてます。ちなみに、キャンセル理由は↓以外は不明です。

以前、チケットの交換でキャンセルされた事があります。私は外国人なので、公演当日に現地のチケットボックスで受け取り、受け取ったチケットと本国ペンのチケットを交換する予定でした(別日と交換したかった)。

韓国国内は、チケットは郵送です。なので相手はチケットが手元にありますが、私はありません。手元にチケットがない相手と取引するのは不安だ、という理由でキャンセルさせられました😢

一番最初に、外国人だから当日にチケットボックスでチケット受け取って、、、の説明をして理解してくれたはずなのに!やっぱり不安だから交換出来ないって😭、、、ひょっとすると、適当な理由つけて、他に条件のいい人を見つけたのかも、とも思っています。

先払いはお断り

私は国内外問わず、個人間でチケット譲渡のお取引をする場合、リスク回避の為、先払いはしない、と決めています。国内なら、事前に近場で手渡しにするか、サイトを通して取引します。

海外の場合、サイトを通しての取引が難しい(一度試しましたが、相場よりかなり安かったので横取りされてしまいました😢)ので、現地で直接取引のみで探します。先払いは、詐欺の可能性があるので、お断りしています。

でも、都合がつかずに当日現地に行けない人や、ドタキャン回避の為に先を求める人(詐欺もいます)が多く、現地直接取引を🆗してくれる人は、多くはないと思います。ここで、チケットを譲ってくれる人の分母が減ってしまいます。

こればかりは、どうする事も出来ません。チケットお譲り希望のツイートに、直接取引のみと記載すれば、直接取引可能な方からお声がかかると思いますので、その中か決めるしかありません。



直接取引でもいい事はある

経験談を書いていると、デメリットが多く、直接取引する意味がわからないですねwww一番のメリットは、価格です!代行より数万単位で安く買える場合もあります!先払いをしなければ、チケットを入手する事が出来ない可能性はありますが、お金だけ取られてチケットが無い、詐欺被害は減らせるかと思います。

本国ペンと直接取引をした上で感じた事やきっかけは、以上になります。次回の『お話② 良い点悪い点編』では、もっとわかりやすく説明したいと思います。

最後に。本国ペンとの直接取引は、メリットもありますがデメリットもあります。どの国でも『チケット詐欺』は横行しており、不安があるならオススメはしません。自己責任のもと、慎重にすすめていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です